岡山・倉敷のベリーダンススクール リコナッツ 【Riconuts】

こんにちは。Ricoです

今日は伝説のダンサー、タヒア カリオカについて

前回のブログで紹介したバディアのシアターで

メインダンサーをつとめていたタヒア。

踊りは柔らかくて素敵だけど、とても強い女性でした。

政治活動に身を投じて捕まったり

14回もの結婚をしたり

でもエジプトの人たちにとても愛されていました

たひあ

この時代にハリウッドがエジプトへやってきました。

中東の人に向けて映画を作るためです。

ハリウッドの人たちは、バディアのシアターの

ショーのクオリティの高さに感動してタヒアに目を付けます

でも、タヒアはハリウッドの頼むように全然踊ってくれなかったので

ハリウッドからすると扱いづらかったようです…

タヒアは「神が私に踊り方を教えた」(だから指図するな)

と言って、ハリウッドの要望を突っぱねたそう。

誇り高く、強い女性ですね

これは、映画の中で踊っているタヒアの動画です。

最後にタヒアの残した一言を紹介します。

「踊るときはいつでも、私は自分の魂をごく身近に感じます。

そしてそれはまるで祈り手のようです。

他の人がダンスフロアをどのように思っているかはわかりませんが

私にとっては、それは、神をとても身近に感じる

神殿の床のように思えるのです」

 

You Tubeにもたくさん動画がありますので

興味のある方は「Tahia Carioca」で検索してみてください